介護で活用すべき福祉ネットワーク

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

福祉 ネットワークみ

ビル

介護で活用すべき福祉ネットワーク

介護は昔と違ってさまざまなサービスがあります。
そこで、介護で活用すべき福祉のネットワークを3箇所ご紹介します。
まず1つ目が、「地域包括支援センター」です。
介護に対するあらゆる相談ができます。
特にケアマネージャーなど、専門の職員が無料で相談に乗ってくれる所が最大のメリットです。
介護が必要になって初めに行くところは、この地域包括支援センターと言っても過言ではないでしょう。
2つ目は、社会福祉協議会(通称社協)です。
社協は各都道府県、市町村にあり、地域福祉に関するさまざまな活動を行っています。
ヘルパーの派遣などの介護サービスも行っているので、大いに活用できる組織です。
そして3つ目は、NPO法人やボランティア組織です。
行政と違ってNPO法人やボランティア組織は幅広い対応をしてくれるところが多いのです。
行政の介護サービスに限界を感じた場合、これらの組織に相談してみるのも良いでしょう。
介護するにあたって大事なことは、このようなネットワークを活用し、決して1人で抱え込まないことです。